借地権の売買は難しい

借地権を売買するのは、通常の不動産取引とは違って非常に難しいものです。借地権の場以外にはさまざまな制約があるため、個人で取引しようと思うと、思いがけないトラブルに当たることもあります。そのため、借地権の売買には専門家の手を借りるのが一番です。
個人ではなかなか難しい、借地権の売買についての知識をまとめてみました。

そもそも、借地権とは、他人の土地を借りて自己所有の建物を建てることのできる権利のことです。借地権を持って土地を借りる人の事を借地権者と呼び、借地権者は毎月地代を地主に支払います。

借地権は土地に対する固定資産税がかからないため、土地所有権を購入するより安価に家を建てられるというメリットがあります。しかし、建物は自分のものでも、土地はじぬしのものであるため、借地権のある土地の売買では、さまざまな制約が発生します。借地権の知識をしっかり持っていないと、売買の際にトラブルに巻き込まれてしまう事もあります。

たとえば、借地権を売却する時には必ず地主の承諾が必要になります。地主の意向を無視して借地権を売却する事はできません。そのため、借地権の売却には地主との話し合いが不可欠です。借地権を購入する際にも、その借地権がどのようなものであるのかきちんと見極めないと、後で思いもよらない損害を受けることもあります。こういった借地権の売買交渉は個人間のやり取りではこじれてしまう事も多く、借地権を扱う売買取引には、借地権に詳しい専門家を間に挟むのがおすすめです。
当サイトでは、難しい借地権の売買についての知識について、専門家への相談のメリットなどを中心に解説します。